二十年ほいっぷ 使い方

MENU
二十年ほいっぷをさらに効果的に使える使い方を紹介します。

二十年ほいっぷ 泡立てのコツ

二十年ほいっぷを使ってみて、思ったほどにクリーミーな泡にならないという方は
やり方がよくないのかもしれません。
泡立てネットで泡立てるだけとはいえ、その使い方によって泡立ちが違ってきます。

二十年ほいっぷのあのクリーミーな泡をしっかりと作るためのコツを紹介します。

水ではなくぬるま湯を使う
お湯の温度は32℃くらい。
泡立てネットウを湿らせて、軽く絞って水滴が落ちない程度にします。

ケチらずに使う
1回の使用量は2gくらい。ちょっと大きめのアーモンドくらいです。
少量でも泡立ちますが、たっぷりの泡でしっかり顔を包み込みながら洗いましょう。

20年ほいっぷ 泡

 

お湯の温度で泡立ちが全然違います!
冷水だと泡立ちが悪くなります。
ちょっとで泡立つので、もったいなくてちょっとしか出していませんでしたが、これではだめみたいです!

泡立てネットは、上と下を両手でつづんで、円を描く感じで。
※空気と含ませることで泡立ちます。

泡立ちが悪いときは、ぬるま湯を数滴落としてみてください。

泡が膨れてきたら、ネットに戻してもみこみます。

手のひらにのせてひっくり返しても落ちなければ、完ぺき!

20年ほいっぷ 泡


二十年ほいっぷの洗顔のコツ

泡を顔にのせたら、手は直接肌に触れないようにして泡を柔らかく押しながら洗います。
厚さ2pくらいの泡に包み込む感じで。

ゆすぎは32℃くらいのぬるま湯で、決してこすらずにしっかり洗い流します。
最後は柔らかいタオルでこすらずにぽんぽんと水分を拭き取って終わり♪